#2 庄司林業 / 山業ビジネス&プロジェクト 代表

番外編 #2   東雲(しののめの期〜

庄司林業 / 山業ビジネス&プロジェクト 代表 庄司樹さん


Profile#2 庄司樹さん

1981年生。山形県大江町出身、在住。高校を1年の時に中退し、映画の道へ。地元山形の社会人グループに混ざり、自主制作映画に関わり始める。02年、『蕨野行』にて助監督としての初仕事を経験し、04年上京。以後、フリーランスとして『それでもボクはやってない』『あずみ2』『相棒―劇場版―』『ハンサム☆スーツ』『酔いがさめたら、うちにかえろう。』などの劇場映画にて助監督を務める。 2011年春、 29歳の時にUターン。父が社長を務める庄司林業にて働き始める。翌12年11月”山業ビジネス&プロジェクト”を立ち上げ、身近な森林、里山の資源を使った製品開発や体験学習、自然エネルギーの事業化を目標に活動。その傍ら、野外音楽イベント・CBJAMの中心メンバーも務めている。 ※ 文中敬称略

記事公開:2014-04-29

 

描いている理想
「横着していたらダメだなと思ったんです」
 2014年2月。山形県でエネルギーシフト事業に精力的に取り組む有志達と視察旅行に行ったオーストリアで、庄司は刺激を受けて帰ってきた。オーストリアと言えば、木質バイオマスを含めた再生可能エネルギーを積極的に活用している国として世界的に注目を集めている国だ。そこで彼は義務教育の一環としてエネルギー教育が行われているなど、国民の中にしっかりと価値観が根付いている現場を肌で感じてきた。また、少数ではあったが、バイプレイヤーとの出逢いもあった。木の切り出しから加工、さらには自身で所持しているボイラーを通して熱を生み出すに至るまで、すなわち一から十までの過程をすべて自分の手で行っている人間がいたのだ。
 文明が発達した日本は、多くのものを得たと同時に多くのものを失ってきた、そして失いつつある。その一つが、「百姓」に象徴されるゼネラリストの存在だ。
 彼自身も、エネルギーシフトを進めていく上で、供給側の視点でしかエネルギー事業を考えていなかった。需要側の知識はまだ全然なく、その分野に詳しいプロに頼めばいいと思っていた。要は、完全に棲み分けして考えていたのだ。だが、オーストリアで出逢った人たちを見て心が変わった。大江町に本社を構える電子機器メーカーの社長の「全部(必要)だよ」との言葉も彼の気持ちを後押しした。
「まずはボイラー技師の資格を取るなど、仕組みを理解し、人に頼らずに、自分で出来ることは自分でやろうという気持ちが生まれました。知らずに損することは多いかもしれないけれど、知っていて損することが多いとは思えませんから。勉強は苦手ですけど、好きですしね。時間はかかるかもしれません。でも、一段一段、着実に階段は登っていきたいなと」
 庄司樹、32歳。山形県大江町出身の彼は11年春に東京からUターンして以来、父が社長を務める庄司林業の社員として働いている。仕事をする中で林業や山の持つ可能性に気づき始めた彼は、翌12年11月には”山業ビジネス&プロジェクト”と銘打ったグループを立ち上げ、県内の有志たちと山を基点とした生業づくりを目指している。現在は地域全体の自然エネルギー、とりわけ木質バイオマスエネルギーへのエネルギーシフトを図るなど、未来を見据えた若手の有望株だ。
 そんな彼も昔から前向きだったというわけではない。庄司林業は、彼の祖父が起こした会社だ。大江町のような”田舎”では、長男が家を継ぐことは暗黙の了解でもある。かねてより彼の頭にもそのことはあった。だが、いずれは継ぐんだろうな…という漠然とした思いを抱いている程度だった。林業にもさしたる興味は持っていなかった。
 きっかけは09年頃。友人の「おれ林業やる」との一言だった。想定外の言葉に驚くと同時に、彼の中に新たな視点が生まれていた。そうして林業という仕事にも興味が向き始めた中で、起こったのが3.11だった。その後、彼の林業への思いは一気に加速。一方、社会全体としても、原発問題が急浮上したことに伴って、自然エネルギーに対する関心は以前よりもはるかに高まってきたはずだ。
 原発はいるのかいらないのか?安全が確保できるならば、再稼働しても良いのか?誰の言うことが正しくて、誰の言うことが間違っているのか?
「確かに原発に関しては猛反対です。とは言うものの、僕らは当たり前に電気を使っていて恩恵を受けているわけですよね。だから、反対するからには代案を出したい。そして、流れてきた情報を鵜呑みにせず、きちんと実験によって検証した上で、押しつけるのではなく提案したいんですよね、そうあるべきだという自身への戒めもこめて」
 そういった考えを、庄司は助監督時代に身につけた。「ダメ出しをするからには、代案を出せ」そう尊敬する先輩助監督の一人に口酸っぱく言われ続けていたことで、心意気や姿勢が備わっていったのかもしれないと彼は分析する。
 批評することはたやすい。だが、「会社に評論家はいらない」と言われるように、地域にも評論家はいらない。
「「自分たちで出来るからもう原発なんかいらないよ」って言える体制を整えたいんです。(電力の供給源となっている)都市部と電線でつながっていなくとも平気だよってところまで行くのが理想です。そして、ちゃんとした産業として、雇用を確立できるまでにならなくちゃいけない。ビジネスという観点からしても、エネルギーは取りっぱぐれしない分野かなと。要は地域としての独立、インフラ部門での独立が目標です。
 でも、それは何年かかるかわからない。僕の代で成し得ないことなのかもしれない。だとしても、この人生の中で最低でも筋道だけはつけてみようかなと。今はほぼ単独で動いているけど、いずれ僕の考えに賛同して実際にアクションを起こす人、ライフスタイルを変えようとする人たちが増えて大きな輪を作れたらいいなと思っています。
 願わくは、千手観音のように色んな人の助けになるようなことをして、地域が独立するという形に結びつけられればいいなと。障害者の人の社会的地位を上げなくちゃいけないってことも頭の片隅にはあります。世の中にはほんとに色んな人がいるので、欲張らず、いがみ合わず、可能な限り手を取り合って生きていける社会づくりをしたい…。というと、「政治家にでもなるつもりか」とはよく言われるんですけどね。(笑)
 実際、インフラ部門での地域の独立はあくまでも手段のひとつです。僕がその先に見据えているのは教育や文化、民俗など地域を構成するものをを全てひっくるめた”里山社会”づくりなんです」

彼を動かしているもの
 そうして理想を描く一方で、彼は冷めた目も持っている。
「世界を変えようなんてどだい無理な話です。劇的に変わる日が来るとも思っていません。仮に、もう一度原発事故が起こっても、人々は今までと同じように石油も電気も使い続けるだろうとは思いますから。でも、やらないよりはやった方がマシなのかなと」

 人が行動を変えるのはどういうタイミングなのだろうか?三浦はこう話していた。
「やっぱり、頭だけで理解して、理性だけで人が変わるのは無理な話だってこと、何らかの利害関係とか本能的な危機感とかいうものなくして、人は変わらないんだってことは長年の経験の中で実感させられてきましたよね」
 裏を返せば、人が自らを奮い立たせて、あるいは誰かの力を借りて行動を変えていくことはそれだけ難しいことなのかもしれない。
 それに、現実として、今のところ薪は日本では高価なものであり、石油のような手軽さはない。薪ストーブを導入し、そのために家の工事をし、手間もかかる…となると尻込みする人は多いだろう。かく言う庄司家では、05年頃、現在庄司林業の社長を務める庄司の父が自宅に薪ストーブを導入して以来、石油の消費量は半分以下に減ったという。
 「山形のような場所では身近な資源、つまり薪などでエネルギーを生み出すことが出来るわけですから。だから、なるべく石油ストーブは使わないよう心がけてはいます。
 もう四の五の言ってられない状況になっていると思うんです。意志を持っている、あるいはできる人はとにかくやらないといけないですよね。さもないと、また取り返しのつかない事態に陥ってしまう恐れもありますから。
 とりあえずムダと思えるものでも色々とやってみること。いきなり100点はとれないだろうから、上手くいかなくとも悲観的にならないで懲りずに反省しつつ、諦めずにやっていきたいなと。今はとりあえず草の根作戦を実行しているという段階です」
 やりたいと思っていてもできない環境にある今、彼の目指すところは、やりたいと思っている時にやれる環境づくりだ。
 “山業ビジネス&プロジェクト”の事業としてクロモジの葉を使ってアロマのワークショップを開いたり、ナラ枯れの木を活用しブランド製品を作ったりしているのも、草の根作戦の一環だ。それらの費用は全て庄司のポケットから出ている。おまけにワークショップは毎回赤字だ。
 「ワークショップをやって儲けたいわけじゃないんです。ちやほやされたいわけじゃないんです。文字通り”体験学習”をして、それまで知らなかった里山資源に関する情報をインプットしてもらうことが大事なんです。まぁ、知人からは「バラマキ」だと非難されているんですけどね(笑)」
 そんな風に羽振りがいいのは、彼が自己犠牲の精神に富んだ人間だからでもない。
「人生で一度、ほんとにいい思いをしたんですよ、助監督をやっている頃の収入がものすごく良かった時期に。3日働いて1ヶ月休むってこともたまにありました。おかげで、欲しいものをたくさん買えて、美味しいものをいっぱい食べて、世界の超一流と呼ばれている人たちと一緒に仕事ができるという本当に幸せな時間を過ごせたんです」
 シナリオを書きたいとの一途な思いを胸に高校を1年の時に中退。山形の社会人グループに混ざり自主制作映画を作るようになって以来、映画の世界で生き続けていた彼は23歳の時に東京に出てきた。助監督になった当初は眠たくても眠れない時期もあった。1日30分睡眠が4ヶ月半続いたこともあった。しかも、その時のギャラは数万円の見習い価格だった。だが、助監督としてキャリアを積んでいく中で半年が経つと、ギャラは10倍近くにはね上がっていた。その差は半端なく大きなものだった。
「頭がおかしくなりそうになりました。だって、今まで味わったことのない世界にどっぷりつかっていたんですから。この世は天国かとの錯覚を覚えました。バブルの頃はこんなだったのかと思いを馳せたりもしました。それでも結局、富裕層の価値観に違和感を覚え、そこで踏みとどまったんです」
 彼は繰り返す。
「でも、出会いに恵まれほんとにラッキーだったと思います。自画自賛みたくなるけれど、夢を抱いて東京に行ったとしても、一流と呼ばれる人がゴロゴロいるようなところまで行ける人って多くはないと思いますから。黒澤明監督の撮影チーム(黒澤組)の人たちと一緒に仕事をできたことは本当にラッキーだった。映画業界の中でも、黒澤組にいた人ってやっぱり別格として見られるんです。箔がついているというか。
 そうやって自分はいい思いを散々してきて、欲しい物もほぼほぼ買えたので、もう自分のためにお金を使う必要がないんです。自分だけが得をすることを幸せだとは思わなくなりました。今、友達や見知らぬ誰かが楽しめるようなこと、喜ぶようなことをすることが僕にとっての幸せですから」

Pocket

1 2